MENU

ありがち脱毛トラブル:当て残しや部位によってぬけ具合が違う

トラブル・不安の概要

光の当て残しや、シェービングができていないのでという理由で、規定回数分の脱毛をしてもらえなかったり、全身脱毛だとぬけ具合が違って回数終了後にムラがあったりすることがあります。

 

実際のところは?

スタッフの方の裁量によってかわってきてしまうのですが、やはり当て残しがあったり、全然毛量が減っていないということもあります。特に範囲の大きい背中や上肢はまばらに生えてきたりすることもあるようです。

 

当て残しがあるなと感じたらまずは必ずスタッフの方に伝えましょう。
銀座カラーなどでは、毎回必ず最初に、前回の効果はどうでしたか?という風に聞いてくれるので、そのときに伝えるといいかもしれません。

 

また、小さなサロンで使っている機械や破格に安いサロンの場合、中古の機械を使っていることがあり、光量や効果性が劣ることがあります。私も全身脱毛後に部分的な脱毛で個人サロンに通ったことがあるのですが、結局ほとんど効果がないまま終わってしまってしまいました。また、全身脱毛はどこの箇所も同じ回数だけ当てますが、背中や上肢など毛の薄いところは6回くらいだとあまり効果がみられないこともあります。またワキなど完全になくしたいという箇所ももう少し回数が必要になります。
追加で当てられるプランや、例えばミュゼのワキ無制限プランなどは便利ですね。

顔脱毛って何回通えばいいの?

  • 何回通わないといけないの?
  • どんな効果があるの?
  • どんなエステサロンを選べばいいの?

顔脱毛経験者にアンケートをとった結果を発表してます

↓詳細はこちらをクリック↓
顔脱毛解説