MENU

エステ・脱毛サロンの勧誘断り方|未成年、学生なら親の承諾が無理なら強引には勧誘できません。

未成年、学生なら親の承諾が無理なら強引には勧誘できません。 概要

未成年や学生の場合、親の承諾書が必要なので、親が反対している、今回だけと言われているので無理と伝えて断る方法

 

必要な準備・スキル・アイテム

・ 場合によっては学生証
・ 印鑑、キャッシュカード、クレジットカードを持たない

 

 

メリット

・ 断る理由として、第三者(保護者)が理由なので、その場で話しを進められない

 

デメリット

・ 学生の場合、ローンを組まなければ親の了承がいらないところもある。

 

どんな人にオススメか

・ 学生、未成年

 

ポイント・補足

学生や未成年の人が高額の商品を購入する場合、親の承諾書が必要というケースがあります。特に未成年の場合は大抵承諾書が必要になると思います。

 

体験の場合であれば、「親に内緒で来たんです。」「ローンは絶対ダメって言われています」と伝えれば、その場では契約が勧められないので強く勧誘されることはありません。

 

また、以前から通っていて追加のコースを勧められたときも「ローンが払い終わらないと次のローンは組めないことになっている」「仕送り生活なので今は難しい」とはっきり伝えれば大丈夫です。

 

基本的に経済力が低い人、収入がない人に対して売りつけるというのは、解約や未入金といった金銭トラブル、契約トラブルが発生しやすいので、店舗としてもあまりメリットにならないので、主婦やニートといった場合も同じように金銭面で断れると思います。

顔脱毛って何回通えばいいの?

  • 何回通わないといけないの?
  • どんな効果があるの?
  • どんなエステサロンを選べばいいの?

顔脱毛経験者にアンケートをとった結果を発表してます

↓詳細はこちらをクリック↓
顔脱毛解説