MENU

エステ・脱毛サロンの勧誘断り方|経済的に難しい

経済的に難しい 概要

振込だったら親に援助してもらっていたから現金だと厳しい。ローンだったら、他にも組んでいるのでこれ以上組めないと経済的理由で断る方法

 

必要な準備・スキル・アイテム

・? クレジットカード、印鑑、キャッシュカードは持たない

 

メリット

・ 実際にお金がない人には勧めようがない

 

デメリット

・ お金に関するトークに関してはあらゆる手段で反論される可能性があります

 

・ ローンが組める、現金がある場合に断りづらい

 

 

どんな人にオススメか

・ 実際に金銭的に余裕がない人

 

・ 学生、主婦

 

 

 

ポイント・補足

実際にほとんどの人は契約が難しい理由は経済的理由になると思います。

 

私はもともと営業スキルのトレーニングをしている会社につとめていたのですが、販売員の方たちは、それに対する反論トークというのを実際に研修などで習っている可能性があります。

 

「今手持ちがないので」と言えば「すぐ近くにATMや銀行があります。」と言われる可能性があります。
「銀行にも預金がないので」といえば「分割払いができます」と勧められる可能性があります。
「さらにローンは組めないので」というと「一旦今の時点でローンが組めるかどうかお調べしましょうか?」といって調べることも可能なのです。

 

金銭的な理由で逃げ切るというのはなかなか難しかったりするのですが、とにかく、最終的奈契約には分割であれば銀行印が必要になりますし、引き落とし先の口座名の記載やクレジットの番号などが必要になります。

 

なので「今キャッシュカードもクレジットカードも印鑑も持っていないので」と伝えれば、それ以上契約が進まないので、断ることができると思います。

顔脱毛って何回通えばいいの?

  • 何回通わないといけないの?
  • どんな効果があるの?
  • どんなエステサロンを選べばいいの?

顔脱毛経験者にアンケートをとった結果を発表してます

↓詳細はこちらをクリック↓
顔脱毛解説