MENU

エステ・脱毛サロンの勧誘断り方|他のサロンに通っていることを伝える

他のサロンに通っていることを伝える 概要

部分脱毛に通っていると、全身脱毛や他の部位を勧められることが多いですが、全身は他のサロンで契約していると伝えて断る方法

 

必要な準備・スキル・アイテム

・ 全身脱毛をやっている別のサロンの知識(料金、プラン、接客など)
・ 演技力

 

 

 

メリット

・他のサロンで全身脱毛を契約している場合、ふつうはそれ以上勧誘してこないので、一番効果的な断り方

 

デメリット

・ 別のサロンについて詳しく聞かれたときに不自然になってしまう可能性がある。
・ 別で契約しているといっても、自社の脱毛のほうが優れているという話しによって解約を勧められることがある

 

 

どんな人にオススメか

・ さらっと嘘をつける人

 

・ 他の脱毛サロンに体験などで行ったことがあって雰囲気がある程度わかる人

 

 

 

ポイント・補足

これは実際に私はよく使っていた手法でした。基本的に勧誘されるパターンとしては、ワキ脱毛キャンペーンに行って全身脱毛や他の箇所の脱毛を勧められるというのが一番典型的だと思います。
最初はあんまり勧誘ムードを出さないし、他社でやっているということはあえて言わなくてもいいですし、一番最初にアンケートなどで「以前他のサロンに通われていたことがありますか?」といった項目があったりするので、そこに正直に記載してもいいと思います。そのときに、「ワキはやっぱり毛量が多いので、追加でやろうかなと思っていて、ちょうどキャンペーンをしていたので来ました。」というようなことを伝えたら普通の店員さんであれば、そのあと他のプランを勧めようがないと思います。

顔脱毛って何回通えばいいの?

  • 何回通わないといけないの?
  • どんな効果があるの?
  • どんなエステサロンを選べばいいの?

顔脱毛経験者にアンケートをとった結果を発表してます

↓詳細はこちらをクリック↓
顔脱毛解説