MENU

エステ・脱毛サロンの勧誘断り方|他の脱毛方法を希望すると伝える

他の脱毛方法を希望すると伝える 概要

多くの脱毛サロンでは光脱毛を行っていますが、値段が許すのであれば、医療脱毛やニードル脱毛の方が効果がでやすいので、産毛などであまり効果が感じられなかったときには違う方法で脱毛したいと伝えましょう

 

必要な準備・スキル・アイテム

・他の脱毛方法に関する知識

 

メリット

・金銭的に余裕があれば、もちろん医療脱毛の方が効果が短時間ででますけど・・・といったトークをされたときに便利

 

デメリット

・実際施術する場合はニードル、医療脱毛の方が痛みが強い

 

どんな人にオススメか

・金銭的に余裕がある人             ・効果性最優先の人

 

ポイント・補足

多くの脱毛サロンでは医療用のレーザーを使用することができないため、光量の弱い、美容専門脱毛器を使用しています。

 

効果性に関しては医療用の方が効果が高いので、金銭的に余裕があるのであれば、医療用の脱毛のほうが、仕上がりはいいのではないかと思います。

 

その点に関してはエステサロンの店員さんもよくよく承知しているので「もちろん、お金に余裕があれば、他の方法のほうがよかったりもしますけどね〜」と言ったことを伝えてくれる場合もあります。

 

そんなときはすかさず、効果性が一番なので、脱毛方法をもう一度検討したい、産毛になってから、全然効果が実感できなくなってしまったので、医療脱毛に変えたいといったことを伝えるといいと思います。

 

もちろん実際医療脱毛も検討していない場合でも、演技力でこのように伝えれば問題ないのではないかなと思います。

顔脱毛って何回通えばいいの?

  • 何回通わないといけないの?
  • どんな効果があるの?
  • どんなエステサロンを選べばいいの?

顔脱毛経験者にアンケートをとった結果を発表してます

↓詳細はこちらをクリック↓
顔脱毛解説