MENU

エステ・脱毛サロンの勧誘断り方|なるべく予約は午前にいれる

なるべく予約は午前にいれる 概要

基本的に午前中であれば、そのあとも予約が入っている可能性が多く、長時間捕まる心配はないため。また、ランチの予定があるといって出てきましょう。

 

必要な準備・スキル・アイテム

・ 早起き
・ 必要であれば携帯電話

 

 

 

メリット

・ 長時間拘束をされない

 

デメリット

・ 休日の早起きが必要
・ ランチの予定がない場合に演技が不自然になる可能性がある

 

 

 

どんな人にオススメか

・ 早起きができる人

 

・ 時間を有意義に使いたい人

 

 

ポイント・補足

私は休日の時間を有意義に使いたいなと思っていたので、実際に午前中に予約を入れて、休日も朝寝坊しないようにしていました。
(ただ、寝坊すると当日キャンセル、無断キャンセル扱いになってしまうため、リスクも伴うので注意してください。)

 

午前中の予約の場合、午後やそのあとの予約が詰まっていることが多く、店員さんもサクサク進めてくれる印象があります。
実際勧誘で1、2時間も拘束されるといったことはないですし、ランチの予定といえば、だいたい12時には予定があるということが相手にも伝わるので、長時間拘束されることはありません。

 

午前中に予定を入れるといったことに関わらず、サロンのあとには予定を入れておくと、勧誘を断りやすくなります。

 

大抵は「このあとお時間大丈夫ですか?」と、店員さんが聞いてくれるので、その際に、この後予定があってあまり時間がないですということをあらかじめ伝えておけばスムーズだと思います。

顔脱毛って何回通えばいいの?

  • 何回通わないといけないの?
  • どんな効果があるの?
  • どんなエステサロンを選べばいいの?

顔脱毛経験者にアンケートをとった結果を発表してます

↓詳細はこちらをクリック↓
顔脱毛解説