MENU

エステ・脱毛サロンの勧誘断り方|電話がかかってきたフリ

電話がかかってきたフリ 概要

終了予定後にアラームを設定しておき、電話のように見せかけ、次の予定があるので後で考える旨を伝えて帰らせてもらう。

 

必要な準備・スキル・アイテム

・かかってきた想定の電話内容を考えておく
・事前にアラームを設定しておく
・演技力(もしくは仲の良い友人)
・携帯電話

 

メリット

・断る理由を説明しなくてよい

 

デメリット

・演技慣れしていないと不自然になる
・フリとバレるとかなり気まずい

 

 

どんな人にオススメか

・自然に嘘をつける人
・断る理由をうまく説明出来ない人

 

ポイント・補足

嘘・演技はムリ!という方は頼める友人に実際に電話をかけてもらうのもいいかもしれません。
電話内容については、もともと入っている予定を想定するなら、最初に「次の予定があるから何時までしか居られない」と宣言しておくとやりやすいと思います。
本当に断りたい場合は、身内の不幸だと言うのが一番効果的です。そのような状況でも勧誘するようなサロンなら逃げてでも帰りましょう。

 

電話の内容として、その他にも、荷物の受け取りがあるので帰らなければいけない、上司からの電話で会社に緊急で戻らなければいけない、といったことを伝えるのもいいと思います。とにかく、契約を進めるためには30分くらいの時間が必要なので、すぐにでなければいけない設定になるような場所と時間「今何時でしたっけ?●時に●駅についてなきゃいけないんです。」となるべく具体性をもって店員さんに伝えましょう。

顔脱毛って何回通えばいいの?

  • 何回通わないといけないの?
  • どんな効果があるの?
  • どんなエステサロンを選べばいいの?

顔脱毛経験者にアンケートをとった結果を発表してます

↓詳細はこちらをクリック↓
顔脱毛解説