顔脱毛 エピレ 経営状況

MENU

エピレ [epiler] の経営状況は?

エピレはエステ業界最大手のTBCがプロデュースした脱毛専門サロンです。業務形態もTBCグループ株式会社の関連企業として株式会社シュプレイムルミナスという会社名の下、営業が行われています。 TBCグループ全体としての資本金は7億8,000万円、社長は天辰文夫さんと手塚圭子さんが兼任、株式会社シュプレイムルミナスの社長は黛(まゆずみ)照男さんが務められています。

 

エピレの主な会社情報

正式会社名 株式会社シュプレイムルミナス
設立 1976年3月22日(TBCの前身コミーが設立)

2011年7月にシュプレイムルミナス創立

資本金 7億8,000万円 (TBCグループ全体)
売上高 360億円(2011年12月期実績、(TBCグループ全体)
従業員数 2,550名 (TBCグループ全体)

 

エピレスタッフのリクルートはグループ会社のTBCグループ株式会社で行われ、サロンに勤務しているスタッフはTBCグループ株式会社からエピレを運営している株式会社シュプレイムルミナスへ出向という形を取っているようです。スタッフは社員で構成されており、新入社員に対しての研修は技術の習得だけでなく、皮膚科学や化粧品学などの理論研修もカリキュラムに含まれています。またAEA(日本エステティック業協会)認定エステティシャン資格も取得できるよう養成講座を導入しているようです。

 

他社サロンと比べ、採用方法に一般常識の筆記試験が入っていたり、勤務時間がはっきりとしたシフト制の上、完全週休2日制が採用されていたりしている点が特徴です。従業員への待遇もサロンというより、普通の会社に勤務している印象を受けるくらい福利厚生がしっかりと整っています。産休・育児休業はもちろんのこと、U・Iターン就職、再雇用制度も実施されていて、スタッフに長く勤務をしてもらおうという姿勢が伺えます。

 

全国に直営サロン38店舗展開しているエピレですが、グループ会社のTBCとしては202店舗を所有しており、業界最大手のネットワークを持っていると言えます。また創業40年近いグループ会社の下、長年にわたって確立された制度や顧客に浸透したブランドネームから判断しても、経営状態は安定していると言えると思われます。

顔脱毛って何回通えばいいの?

  • 何回通わないといけないの?
  • どんな効果があるの?
  • どんなエステサロンを選べばいいの?

顔脱毛経験者にアンケートをとった結果を発表してます

↓詳細はこちらをクリック↓
顔脱毛解説

エピレ [epiler] の経営状況は?関連記事

エピレの脱毛方法について
エピレの口コミや評判、体験談